藤枝市立藤枝中学校

「自律・探究・協調」の学校教育目標(校訓)のもと、学習や部活動に全力で取り組む、まじめで素直で明るい藤中生

(写真)藤枝中学校

藤枝中学校の学区は東海道の宿場町「藤枝」の中心として栄えました。全校生徒は約500人。早い時期から特別支援学級を各学年1組と位置づけ、大切にしてきました。日常的にピア・サポート活動を取り入れながら、生徒一人一人を大切に、笑顔あふれる学校を目指しています。

学習活動ばかりでなく、部活動も盛んで、特にサッカー部は過去に全国大会3回の優勝を誇っています。また、市内で盛んな「歌おう活動」発祥の学校として、年間を通して全校で合唱に力を入れています。

本年度から校区3小学校との小中一貫教育とともに、コミュニティ・スクールがスタートしました。これまでの小学校との連携をさらに推し進め、子どもの成長を9年間で捉えた教育を進めていくと共に、家庭、地域、学校が一体となって子どもたちの成長を進めていきます。

生徒数・クラス数(令和3年5月1日現在)

生徒数・クラス数一覧表
  1年 2年 3年

特別

支援

合計
生徒数 164 174 155 18 511
クラス数 5 5 5 3 18

 

施設情報

  • 住所 郵便番号 426-0087 藤枝市音羽町1-1-51
  • 電話 054-641-0584
  • ファックス 054-641-5793
     

学校だより

グランドデザイン

いじめ防止基本方針

申請書ダウンロード

校長先生からのメッセージ

昨年度、歌おう実行委員会ではコロナ禍において合唱活動が十分できないことを悲しんでいましたが、「このような状況の中で何ができるのだろう?」とみんなで考えたところ、委員長が幼稚園のときに手話で歌を歌ったことを思い出しました。

「みんなで手話を使って歌を歌えないかなあ。」

「歌は『世界に一つだけの花』がいい。手話もできている。」

「校歌はどうだろうか? 1年間歌っていないし、校歌を大事にしたいよね。」

「校歌だったら学校全体で取り組めるね。」

このように、歌おう実行委員会では、「校歌を手話で歌おう」という企画を考案しました。校歌の歌詞をそのまま手話で表現することは難しく、歌おう実行委員は改めて校歌の歌詞の意味をみんなで確認し合い、自分たちにとって分かりやすい言葉で表現する作業を行いました。さらにリズムに合わせて表現する手話を考えたり、誰もが表現しやすい手話にしたりするという作業も大切でした。静岡聴覚特別支援学校の先生方にも協力していただき、本校の校歌に合った手話を創り上げていきました。

歌おう実行委員会で発案した「校歌を手話で歌おう」は、コロナ禍で暗たんとした生徒たちの心に光を差してくれました。生徒たちの主体性、追究心、そして協調性、藤中生の「自律・探究・協調」の心が育っています。

本年度も本校は、「自律・探究・協調」の教育目標を掲げ、「信頼と期待に応える学校」づくりを進めていきます。そして、本年度から藤枝中学校区では、小中一貫教育、コミュニティ・スクール制度もスタートします。家庭、地域とのつながりをさらに深め、「はばたけ! ふるさとの誇りを担う子どもたち」のキャッチフレーズのもと、地域総ぐるみで「1.ふるさとを大切に思う子ども 2.自分で考え行動する子ども 3.笑顔であいさつができる子ども 4.誰にも優しくかかわる子ども」の育成を目指していきます。9年間の子どもの育ちを家庭、地域、学校の3者が同じ思いで支える新たな教育のしくみがここに始まります。本年度も皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

藤枝市立藤枝中学校

校長  小林 彰

地図情報

関連リンク

お問い合わせ

教育政策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所西館4階
電話:054-643-3045(総務係、学校事務指導係、施設営繕係)
054-643-3271(教育政策係、学校教育係)
ファックス:054-643-3610

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年07月21日