市内高校生がアメリカ合衆国ライス大学の学生とオンラインで交流しました。

令和3年11月7日(日曜日)に、市内に在住または在学中の高校生5名がアメリカ合衆国ライス大学の学生とオンラインで交流を行いました。

藤枝市国際友好協会により毎年実施している姉妹都市間交換学生事業が、コロナ禍により中止となったため、代替事業として今回初めてライス大学とオンラインで繋がりました。

市内高校生は茶、サッカー、蓮華寺池公園などについて写真や動画を用いて英語で紹介し、ライス大学の学生はヒューストン市の気候や挨拶、アメリカの高校生活について日本語で紹介しました。

オンライン交流終了後、参加した高校生からは「海外の暮らしに興味を持った。」「もっと英語の勉強を頑張りたい。」という感想が挙がっていました。

 

ライス大学とは

アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市の南に位置し、「南部のハーバード」の異名を持つ名門私立総合大学。

藤枝市国際友好協会は、平成27年度よりライス大学の学生に向けて、市内ホームステイの受け入れ支援を実施していました。

市内高校生がサッカーについて英語で紹介

市内高校生がサッカーについて英語で紹介

市内高校生がライス大学学生に向けて質問

市内高校生がライス大学学生に向けて質問

市内高校生とライス大学学生で記念撮影

市内高校生とライス大学学生で記念撮影

お問い合わせ

広域連携課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館3階
電話:054-643-3229
ファックス:054-643-3604

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年11月10日