ふるさと納税制度~「ふるさと藤枝」を応援してください~

「ふるさと藤枝」を応援してください

ふるさと納税制度とは・・・「ふるさとへの寄附金」

(イラスト)藤枝市ふるさと納税PRキャラクターふーじー

「ふるさとのために何かしたい」「ふるさとを応援したい」「ふるさとを大事にしたい」という、全国のみなさんからの善意・厚意を、寄附という形にして、地方公共団体(都道府県・市町村)に寄附した場合、個人住民税や所得税を一定限度まで控除する制度です。

寄附先は、出身地に限らず、都道府県・市町村から自由に選ぶことができ、「故郷への恩返し」という面と、好きな地域を応援するという側面も持っています。

一万円以上の寄附をいただいた方には、お礼の品を差し上げています。(藤枝市在住の方を除く)

「ふるさと藤枝」のまちづくりにご支援をよろしくお願いします。

 

寄附金の申し込み方法

次のいずれかの方法で申込みをお願いします。

寄附申込みサイトからの申し込み

<詐欺サイトにご注意ください!>

ふるさと納税の受付を偽装した詐欺サイトの存在が確認されています。

怪しいと感じた場合は、お申込みをされる前にご確認いただく等、悪質な詐欺には十分ご注意ください。

藤枝市のふるさと納税は、下記サイトのみです。

下記のいずれかのサイトからお申込みください。

(各サイトのバナーをクリックしてください。)

ふるさとチョイス
ふるさとチョイス
さとふる
さとふる
楽天ふるさと納税
楽天
ふるなび
ふるなびバナー
三越伊勢丹ふるさと納税
三越伊勢丹ふるさと納税バナー
ふるぽ
ふるぽバナー
さといこ
さといこバナー

ファクスまたは郵送での申し込み

「寄附申出書」に必要事項を記入の上、ファックスまたは郵送によりお申し込みください。

藤枝市は、みなさまからの「ふるさと応援寄附金」をお受けするにあたり、「寄附申出書」の提出のない方に振込み用紙を郵送することはありません。

寄附の強要や詐欺行為には、十分ご注意ください。

税金からの控除について

ふるさと応援寄附金へご協力いただきますと、2千円を超える部分について、所得税と住民税の寄附金控除が受けられます。(控除対象となる寄附金額は総所得金額等の30%が限度です。)

この控除の制度により、寄附金額が住民税の所得割額の20%を超えなければ、実質負担2千円で好きな都道府県・市区町村に納税できます。

税金控除表
対象となる地方
公共団体の寄附金
税額控除方式
 税率(10%)を掛け、税額を算出した後で控除する方式
控除額 地方公共団体に対する寄附金のうち、適用下限額(2千円)を越える部分について、一定の限度まで、所得税とあわせて全額控除します。

1.所得税の所得控除
(寄附金額-2千円)×寄附者の所得税の税率
2.住民税の基本控除額
(寄附金額-2千円)×10%

3.住民税の特別控除額
(寄附金額-2千円)×(90%-寄附者の所得税の税率:0%~40.84%)
住民税の特別控除は、住民税の所得割額の2割が限度となります。
控除の上限額 総所得金額の30% 
(地方公共団体に対する寄附以外の寄附金との合計額)
適用下限額 2千円

寄附金控除の具体例

給与収入500万円の方が寄附した場合を例にして計算します。
配偶者を扶養、所得税の税率10.21%、住民税所得割額230,000円と仮定

 

3万円を寄附した場合
控除項目 控除額
1.所得税の減税額 2,858円
2.住民税の基本控除額 2,800円
3.住民税の特別控除額 22,342円
28,000円

1.所得税の税率(この場合は10.21%)で計算。(30,000円-2,000円)×10.21%
2.(30,000円-2,000円)×10%
3.(30,000円-2,000円)×(90%-所得税の税率10.21%)
上記により、自己負担額は2,000円(=30,000円-28,000円)となります。

7万円を寄附した場合
控除項目 控除額
1.所得税の減税額 6,943円
2.住民税の基本控除額 6,800円
3.住民税の特別控除額 46,000円
59,743円

1.所得税の税率(この場合は10.21%)で計算。(70,000円-2,000円)×10.21%
2.(70,000円-2,000円)×10%
3.(70,000円-2,000円)×(90%-所得税の税率10.21%)=54,257円となるが、特別控除は住民税の所得割額の2割が限度になるため、46,000円
上記により、自己負担額は10,257円(=70,000円-59,743円)となります。

注意事項

所得税率10.21%の部分は、個人の所得や所得控除の額に応じて、5.105%、10.21%、20.42%、23.483%、33.693%、40.84%と変わります。
上記の所得税率は復興特別所得税(2.1%)を含んだ税率です。

寄附金の活用について

寄附金の使途について

貴重な寄附金は「未来を創るふるさと応援基金」に積み立て、寄附いただいた方が指定した使いみちに沿って、以下の9つの使途に活用させていただきます。

1.藤枝の“宝” 魅力あふれる「蓮華寺池公園」の整備を中心とした魅力ある都市・

交流空間の創造

2.「サッカーと、時間(とき)を刻む」サッカーを中心とした、スポーツの振興、

まちづくりの推進

3.「ふじえだ花回廊」づくりを中心とした、花と緑あふれる都市空間の創出、交流

人口拡大の推進

4.切れ目ない発達障害児支援など、藤枝独自の子育て支援・子育て環境の充実

5.未来へつなぐ藤枝型茶業づくりなどの農林業の振興

6.「健康・予防日本一」を目指した、「がん検診」の推進など、市民の健康・長寿

の推進

7.小中学校のトイレ環境の整備や市立図書館の蔵書の充実など、教育環境の整備

8.次世代環境リーダーの育成など、いつまでも美しい地球を守る地球環境の保全

9.大規模地震対策など、「命」を守る危機管理体制の充実

10.自治体におまかせ

11.「新型コロナウイルス対策」や感染症拡大を防止する「新しい生活様式」への対応

寄附金の活用事例について

教育環境の整備 (学校ICT環境整備)

学校教育においてICT(情報処理技術)を積極的に活用し、子どたちの思考力や表現力を高め、豊かな発想の人材を育てるため、学校ICT環境の整備をしました。

すべての小・中学校の教室に電子黒板や無線LAN(Wi-Fi)環境、タブレット端末等を整備しました。

タブレット端末写真
電子黒板写真

子育て支援施設のリニューアル

子どものからだづくりをコンセプトとした「れんげじスマイルホール」のリニューアルを行いました。今回のリニューアルでは”世界に一つしかないオリジナル大型遊具”の設置や利用者の皆様から要望の高かった授乳室やおむつ交換室の整備を行い、さらに使いやすさ・魅力度がアップしました。

れんげじスマイルホール画像
れんげじスマイルホール画像2

寄附件数及び寄附金額実績について

平成29年度は、107,751件3,707,043,155円でした。

静岡県内で1位、全国で10位となる寄附額をいただくことができました。

年度別の寄附件数と金額
年度 件数 金額
平成24年度 17件 552,000円
平成25年度 75件 1,705,000円
平成26年度 2,213件 26,143,000円
平成27年度 12,570件 190,099,500円
平成28年度 70,135件 2,649,010,468円
平成29年度 107,751件 3,707,043,155円
平成30年度 72,453件 1,879,838,237円
令和元年度 17,190件 441,172,297円

「ふるさと納税」に関してよくある質問

寄附金受領証明書について

Q1:寄附申し込み後、引っ越しをしました。新しい寄附金受領証明書を作成してもらう必要はありますか?

A1:必要はありません。現在届いている寄附金受領証明書を確定申告でご使用いただけます。

ワンストップ特例申請書について

Q1:寄附申し込みの際、ワンストップ特例申請を希望するところにチェックを入れ忘れてしまいました。ワンストップ特例申請書を紛失してしまいました。

A1:以下から寄附金税額控除に係る申告特例申請書をダウンロードの上、 寄附をした翌年の1月10日必着 で下記住所へ郵送してください。

〒426-8722

静岡県藤枝市岡出山1-11-1

藤枝市役所 財政経営部 課税課 諸税・法人係【ワンストップ特例申請書在中】

 

Q2:ワンストップ特例申請書の添付書類は何が必要ですか?

A2:以下のファイルをご確認ください。

 

Q3:年内に藤枝市へ2回寄附をしました。ワンストップ特例申請書の提出は、2回分を1枚の申請書にまとめて提出していいですか?

A3:ワンストップ特例申請書は、お申し込みのたびにご提出いただくものとなります。1枚でまとめてご提出いただいた場合は受理することができないためご返却させていただきます。必ず申し込み口数分のワンストップ特例申請書のご提出をお願いいたします。

 

Q4:ワンストップ特例申請書を提出後、引っ越しをしました。自治体への連絡は必要ですか?

A4:変更届の提出が必要です。変更届へ記載していただく住所は 寄附をした翌年の1月1日時点 のものとします。以下からダウンロードの上、ワンストップ特例申請書同様、 寄附をした翌年の1月10日必着 で下記住所へ郵送ください。

〒426-8722

静岡県藤枝市岡出山1-11-1

藤枝市役所 財政経営部 課税課 諸税・法人係【ワンストップ特例変更届在中】

 

Q5:ワンストップ特例制度の利用を中止して、途中から確定申告に切り換える場合、何か手続きが必要ですか?

A5:手続きは不要です。確定申告をされると、自動的にワンストップ特例は無効となります。

控除を受けるための手続き

ふるさと応援寄附金による控除を受けるためには、確定申告が必要となります。

藤枝市からお送りする寄附金受領証明書を確定申告書に添付して所轄の税務署に提出してください。
確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、ワンストップ特例制度による申請を行うと、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられます。

ただし、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の提出が必要です。

 

ふるさと納税ガイドで紹介されました

ふるさと納税の横断検索サイト「ふるさと納税ガイド」に藤枝市が掲載されました。

お問い合わせ

企画政策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館3階
電話:054-643-2055
ファックス:054-643-3604

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年12月11日