届出対象行為

届出の対象となる行為

景観計画区域内(市内全域)で行われる建築物の建築等の行為のうち、以下に掲げる規模・要件に該当するものは、届出対象行為となります。

届出対象となる行為については、行為の着手の日の30日前までに「行為の届出書」を提出してください。

注意:平成29年4月1日以降に行為の着手の日の30日前の日が到来する行為について、届出が必要になります。

届出の対象となる行為

種別

対象となる規模

対象となる行為

建築物

  • 高さ15mを超えるもの
  • 同一敷地における建築物の延べ床面積の合計が1,000平方メートルを超えるもの
  • 新築、増築、改築又は移転
  • 外観の2分の1以上を変更することとなる修繕、模様替え又は色の変更

工作物

(太陽光発電設備を除く。)

  • 高さ15mを超えるもの
  • 新築、増築、改築又は移転
  • 外観の2分の1以上を変更することとなる修繕、模様替え又は色の変更

太陽光発電施設

  • 太陽電池モジュールの合計面積が1,000平方メートルを超えるもの
  • 設置

開発行為

  • 都市計画区域 : 1,000平方メートル以上
  • 都市計画区域外 : 10,000平方メートル以上
  • 区域をまたがるもの:行為の面積が10,000平方メートル以上であり、かつ、都市計画区域内における部分の面積が1,000平方メートル以上
  • 主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行なう土地の区画形質の変更(都市計画法第4条第12号の開発行為)

土地開墾等

  • 静岡県土採取等規制条例第2条に規定する土の採取のうち、同条例第14条の規定に該当しないもの

下記具体例を参照

  • 土地開墾、土石の採取、鉱物の掘採その他土地の形質の変更

具体例

  • 面積が1,000平方メートル以上、かつ、土量が2,000立方メートル以上のもの
  • 平地の土地の採取で断面積の高さが2m以上又は深さがが1m以上のもの など

行為の着手の日について

届出対象行為を行うに当たり、都市計画法、建築基準法又は静岡県土採取等規制条例の規定により必要とされる手続きがある場合は、その手続きのうち最初に行う手続きを行う日が、行為の着手の日となります。

なお、上記法令の規定により必要とされる手続きが無い場合は、景観法第16条第1項各号に規定する行為に着手する日が、行為の着手の日となります。

届出様式

お問い合わせ

都市政策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館2階
電話:054-643-3373
ファックス:054-643-3280

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年10月07日