ミニ健康情報(生活編)

熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です

熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です

高齢者は特に注意が必要です。

1体内の水分が不足しがちです

2暑さに対する感覚機能(暑さやのどの渇き)が低下しています

3暑さに対する体の調節機能が低下します。(体に熱がたまりやすい、循環器系への負担が大きい)

予防法ができているかをチェックしましょう。

お問い合わせ

健康推進課
〒426-0078 静岡県藤枝市南駿河台1-14-1 藤枝市保健センター
電話:054-645-1111
ファックス:054-645-2122

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年10月07日