住居表示

住居表示とは

通常、住所は「岡出山一丁目」などの町名と、「2020番地3」といった地番で表現しています。しかし、もともと地番は「誰がどの土地を持っているか」をはっきりさせるための番号なので、住所として使う番号としては以下のようにわかりにくい場合があります。

  • 番号の並びにきまりがない
  • 枝番(14-2、14-4など)が発生したり、しなかったりと不統一になる
  • 町の区域が複雑で、飛び地も存在する

人家が少ない場合は良いのですが、市街地化が進んでくるとさまざまな問題が出てきます。
たとえば、

  • 住所がわかっているのに、訪問者がだどりつくのに時間がかかる
  • 消防車、パトカーなどの緊急車両の到着が遅れる
  • 郵便、宅配などの誤配がおきたり、配達に時間がかかる

こうしたことを解消してわかりやすい住所を設定するため、昭和37年に法律によって定められたのが、住居表示制度です。
住居表示では、街の中を道路や河川で囲まれた街区(ブロック)に分け、街区の中の建物(住居および店舗など)へ時計回りに順序良く番号をつけていきます。
住所の表記は「岡出山一丁目11番1号」などとなります。「岡出山一丁目」が町名で、「11番」が街区番号、「1号」が住居番号です。
街区番号や住居番号のつけ方には決まりがあるので、住所として見つけやすくわかりやすくなります。

混在地区については市民課にお問い合わせください。

住居表示設定

住居表示地区に建物を新築されたときは、お引っ越し手続きの前に住居表示設定が必要になります。
また、人の住まない店舗であっても設定が必要です。

受付窓口

藤枝市役所市民課

受付時間

平日午前8時30分~午後5時15分

持ち物

  • 建築確認済証の写し(建築確認申請書副本の表書き)
  • 案内図
  • 公図の写し(建築確認済証に記載されている「建物の所在地番」が一致しているもの)

分筆などをして確認済証に記載されている建物の所在地番に変更があった場合は最新の公図の写しも添付してください。

  • 建物配置図

手数料

無料

すでに住居表示設定をしていても、以下の場合はあらためて設定の手続きが必要です。

  • 建物全体を建て替えたとき→新築で設定するときと同じ持ち物が必要です
  • 売買によって中古住宅を買ったとき→売買契約書の写し、公図の写し、建物配置図が必要です

住居表示設定をしている建物については、住居表示証明書を無料で発行することができます。くわしくは電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ

市民課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館1階
電話:054-643-3123
ファックス:054-646-7708

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年10月08日