水害・土砂災害に対する危機管理体制

本年度も、全国的に集中豪雨や台風による水害・土砂災害が発生しています。本市では、大雨や台風時に、都市建設部職員」が土日・祝日も含め24時間体制で災害の発生に対し警戒しています。

警戒レベル(大雨・洪水警報発表相当)

都市建設部職員2~4名で情報収集などの初期対応を行います。

出動レベル(警戒レベル発表後の異常降雨時、台風接近時など)

都市建設部職員7名を増員し、9~10名体制で市内パトロールを開始します。

中規模・大規模出動レベル(出動レベル発表後の異常降雨時、大雨特別警報発表時、台風接近時など)

河川課職員7名増員して16~17名体制とし、状況悪化予測により第一配備体制(71名)、第二配備体制(117名)へと早めに増員し、万全の体制をとります。

また、大雨や台風時においては、市民の生命財産を守るため、気象情報、河川水位の監視や危険箇所の巡視等を行い、災害発生の恐れが高まった場合は、危機管理監、水防長(基盤整備局長、志太消防本部消防総務課長)などで構成する「避難情報発令判断チーム」の検討結果を踏まえ、市長が避難勧告等を的確に発令する体制を整えています。

お問い合わせ

水害対策室
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館2階
電話:054-643-3516
ファックス:054-643-3360

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月30日