藤枝のまちから大相撲の舞台へ~飛龍高3年の大桑選手市長表敬訪問~

本市出身の大桑選手が大相撲の世界へ

表敬の様子

大相撲の伊勢ケ濱部屋に入門する飛龍高3年の大桑元揮選手(藤枝市高洲)が、12月19日、北村市長のもとを訪れ、今後の決意を話してくれました。

大桑選手は、小学校1年生から相撲をはじめ、高洲南小、高洲中を経て飛龍高校に進学。寮には入らず、毎日本市の自宅から通学し、稽古に励みました。
7月の全国高校総体では、県勢として21年ぶりの個人の部で優勝。令和初の高校横綱となりました。また、12月1日に行われたアマチュア日本一を決める全日本相撲選手権では、高校生ながらベスト32となるなど、数々の好成績を収めてきました。

席上、大桑選手は「自分の相撲に自信をもって、けがをしないで頑張る。まずは、関取になれるよう稽古に励みたい」と話すと、北村市長は「新しい環境に慣れることが大切。市を挙げて応援するので、ぜひ、頑張ってほしい」と激励しました。

身長170センチと小柄な大桑選手は「体は小さいが気持ちで負けない。下から攻める相撲で高みを目指したい」と話してくれました。本市出身の選手が大相撲の舞台で活躍する姿が、今からとても楽しみですね。

表敬訪問の動画はこちらから

記念品贈呈
記念品贈呈

お問い合わせ

スポーツ振興課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3126
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年01月22日