世界大会で銀メダル!藤枝順心高校柔道部の袴田選手が市長を訪問しました

世界大会での輝かしい成績を市長に報告

表敬の様子

世界ジュニア柔道選手権大会に出場した藤枝順心高校の袴田選手が、11月12日、市役所を訪れ、北村市長を訪問しました。

世界ジュニア柔道選手権大会は、国際柔道連盟が主催するジュニア世代(15歳以上21歳未満)の世界大会。袴田選手は日本代表の一員として57キログラム級で出場し、見事、銀メダルを獲得しました。
4回戦のキム選手(韓国)との試合以外は、すべて一本勝ち。パワーのある海外選手相手に、“技の柔道”で戦い抜きました。

「袴田は、これまでの大会でなかなか良い結果が出なかった」と加賀谷監督。「苦しいときも腐らず、たゆまぬ努力を続け、ついに世界で輝くことができた」と目を細めました。

袴田選手は「優勝できず悔しい思いをしたが、世界で戦う自信がついた。2024パリオリンピック出場を目指したい」と話すと、北村市長は「1位になれなかった悔しさは、必ず次につながる。選手として、そして1人の人間として、さらに成長してほしい」とねぎらいました。

世界に挑んだ藤枝のエース、袴田選手。最高峰の舞台で活躍する姿が、今から楽しみですね。

関連ページ

お問い合わせ

スポーツ振興課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3126
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年11月15日