バドミントンの全国大会に出場する長谷川幸咲選手が市長を訪問しました

個人・団体戦の輝かしい成績を市長に報告

集合写真

9月13日、第38回全日本ジュニアバドミントン選手権大会に出場する長谷川幸咲選手(広幡バドキッズ・広幡中1年)が、市役所を訪れ、北村市長に健闘を誓いました。

長谷川選手は、同県予選会・新人の部で準優勝。県代表として出場を決めました。広幡バドキッズからは4人目の出場となります。

広幡バドキッズ・天野監督は「これまで、この大会ではすべて2回戦までに負けている。まずはその壁を突破したい」と目標を語り、長谷川選手は「格上の選手でも臆せず、自分の最高のプレーを出したい」と目を輝かせました。北村市長は「コンディションを整えて、精一杯がんばってほしい。思い出に残る大会にして」と激励しました。

長谷川選手の憧れのプレイヤーは、バドミントン女子日本代表の奥原希望選手。彼女と同じモデルのラケットを使い、長谷川選手は大会に臨みます。

同大会は、9月20日~23日に、東総合スポーツセンター(新潟県新潟市)で開催されます。市民一丸となって、長谷川選手を応援しましょう!

抱負を語る選手
談笑の様子

関連ページ

お問い合わせ

スポーツ振興課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3126
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年09月17日