○藤枝市産後ケア事業実施要綱

平成30年4月1日

告示第84号

(趣旨)

第1条 この要綱は、出産後の母体の保護を目的とする保健指導等の支援を行うため、出産後の一定期間、保健指導を必要とする母子への心身のケアや育児サポートを行う産後ケア事業(以下、「事業」という。)を実施するものとし、その実施に関し必要な事項は、この要綱に定めるものとする。

(対象者)

第2条 事業を利用することができる者(以下、「利用者」という。)は、市内に住所を有する概ね産後4か月までの母親と乳児のうち、家族などから家事・育児等の十分な産後の支援が受けられない者であって、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 体調不良や育児不安が強く保健指導を必要とする者

(2) 産後の経過に応じた休養や栄養の管理等日常の生活面について保健指導を必要とする者

(3) その他市長が支援を必要と認めた者

(保健指導の内容)

第3条 事業により実施する保健指導の内容は次に掲げるとおりとする。

(1) 母親の身体的ケア及び保健指導、栄養指導

(2) 母親の心理的ケア

(3) 適切な授乳が実施できるためのケア(乳房マッサージ含む。)

(4) 育児の手技についての具体的な指導及び相談

(5) 生活の相談、支援

(利用種別)

第4条 事業の利用種別は次に掲げるとおりとする。

(1) 病院、診療所又は助産所(以下「助産所等」という。)に母子を宿泊させ、保健指導を実施するショートステイ(宿泊)

(2) 助産所等に母子を日帰りで来所させ、保健指導を実施するデイサービス(日帰り)

(3) 助産師等が利用者の家庭を訪問し、保健指導を実施する訪問型

(利用回数)

第5条 事業を利用することができる回数は、原則としてショートステイ(宿泊)型にあっては7回、デイサービス(通所)型及び訪問型にあっては併せて7回とする。ただし、保健指導上引き続き事業の利用が必要であると認められる場合は、7回を超えて利用させることができるものとする。

(事業実施の委託)

第6条 事業は、市長が助産所等に委託して行うものとする。

(利用の申請等)

第7条 事業の利用を希望する者は、産後ケア利用申請書兼承諾書(第1号様式)を市長に提出するものとする。

2 市長は、前項の申請書を受理した場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは産後ケア利用承認通知書(第2号様式)を、不適当と認めたときは産後ケア利用不承認通知書(第3号様式)を当該申請を行った者に交付する。

3 市長は、前項の規定により事業の利用承認をしたときは、その旨を助産所等委託機関に通知するものとする。

(自己負担額)

第8条 利用者は、当該サービスに要する費用の一部を負担しなければならない。負担する費用は、母子の属する世帯の所得に応じ別表に定める。

2 負担金は、利用者が事業者に直接支払うものとする。

(委託機関等との連携)

第9条 委託機関は産後ケア終了後も継続的に支援が必要な利用者について、市と情報交換を行うなど、連携するものとする。

附 則

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

附 則 

この告示は、公布の日から施行し、平成31年4月1日から適用する。

別表(第8条関係)

利用者負担額

事業区分

課税世帯

非課税世帯

生活保護世帯

宿泊型(1泊)

7,500円

0円

0円

日帰り型

(1回)

2時間以上

2,000円

0円

0円

2時間未満

1,200円

0円

0円

訪問型(1回)

1,400円

0円

0円

画像

画像

画像

画像

画像

藤枝市産後ケア事業実施要綱

平成30年4月1日 告示第84号

(平成30年4月1日施行)