○藤枝市立総合病院使用料及び手数料条例

平成23年12月21日

条例第25号

(目的)

第1条 藤枝市立総合病院(以下「病院」という。)の使用料及び手数料(以下「使用料等」という。)は、この条例の定めるところによる。

(使用料等の額)

第2条 病院の使用料等の額は、診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)別表第1医科診療報酬点数表及び別表第2歯科診療報酬点数表並びに入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の費用の額の算定に関する基準(平成18年厚生労働省告示第99号)別表食事療養及び生活療養の費用額算定表の定めるところによる。

2 前項の規定にかかわらず、法令の規定によって診療を受ける者及び特別の協定のある者に係る療養に要する費用は、それらの定めるところによる。

3 前2項に定めのないもの及び前項により難いものについては、別表により算定された額とする。ただし、その額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

(納付期日)

第3条 外来患者は、法令に定めがあるもののほか、使用料等をその都度納付しなければならない。

2 入院患者は毎月末日までの使用料等を、翌月末日(末日が休診日に当たるときは、その前日)までに納付しなければならない。ただし、退院する者は、退院の日までの分の使用料等を同日に納付しなければならない。

(使用料等の予納)

第4条 病院事業管理者(以下「管理者」という。)は、入院の際必要があると認めるときは、使用料等を予納させることができる。

2 前項の規定により予納させる使用料等の額は、管理者が別に定める。

3 予納された使用料等は、退院の際精算する。

(使用料等の減免並びに徴収猶予)

第5条 管理者は、必要があると認めるときは、使用料等の減免又は徴収の猶予をすることができる。

(医務等の受託)

第6条 管理者は、官公署、公共的団体及び事業所等から医務その他について委託があるときは、病院の業務に支障のない限り、これを受託することができる。

2 前項の場合の使用料等は、管理者が別に定める。

(施設の利用)

第7条 管理者は、病院の業務に支障のない限り、病院外の医師に対し病院施設を利用させることができる。

2 前項の場合の使用料等は、管理者が別に定める。

(委任)

第8条 この条例の施行について、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、藤枝市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例(平成23年藤枝市条例第24号)による改正前の藤枝市病院事業の設置等に関する条例(昭和47年藤枝市条例第6号)第7条から第9条まで及び第14条の規定によりなされた手続その他の行為については、この条例の相当する規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成24年7月24日条例第34号)

この条例は、平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年10月4日条例第31号)

この条例は、平成25年10月7日から施行する。

附 則(平成26年3月26日条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第1条及び第34条の規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う施設等の使用等に係る使用料等で施行日以後に納付するものについて適用し、施行日前に行った施設等の使用等に係る使用料等で施行日前又は施行日以後に納付するもの及び施行日以後に行う施設等の使用等に係る使用料等で施行日前に納付するものについては、なお従前の例による。

附 則(平成26年6月28日条例第31号)

この条例は、平成26年7月1日から施行する。

附 則(平成26年12月24日条例第39号)

この条例は、平成27年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月28日条例第24号)

この条例は、平成28年7月1日から施行する。

附 則(平成31年3月20日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

(適用区分)

3 この条例(第1条及び第35条から第38条までの規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例の規定は、施行日以後に行う施設等の使用等に係る使用料等で施行日以後に納付するものについて適用し、施行日前に行った施設等の使用等に係る使用料等で施行日前又は施行日以後に納付するもの及び施行日以後に行う施設等の使用等に係る使用料等で施行日前に納付するものについては、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

種別

単位

金額

備考

文書料

 

 

 

診断書料

1通につき

5,500円以内

 

証明書料

5,500円以内

 

意見書料

5,500円以内

 

死体検案書料

4,400円

 

面談料

1件につき

1時間以内 5,500円

ただし、1時間を超える場合には、1時間につき5,500円を加算する。

 

セカンドオピニオン外来面談料

1件につき

1時間以内 11,000円

ただし、1時間を超える場合には、30分につき5,500円を加算する。

 

死体検案料

1体につき

5,500円

 

死体処置料

1体につき

11,000円以内

ただし、時間外については、上記金額の4割増とし、休日又は深夜については、上記金額の8割増とする。また、縫合等の処置を行った場合は、医科診療報酬点数表に準じて算定した額を加算する。

 

寝具使用料

1組1日につき

220円

 

短期人間ドック使用料

1人につき

健康保険組合と日本病院会との協定料金以内の額

 

健康診断料

1人につき

医科診療報酬点数表に準じて算定した額以内の額

 

予防接種料

1回につき

医科診療報酬点数表に準じて算定した額以内の額

 

受託検査料

1件につき

医科診療報酬点数表に準じて算定した額の10分の8の額(手技料を除く。)

 

自動車使用料

1日につき

藤枝市内の利用者 330円

藤枝市外の利用者 550円(交通機関を利用したときは、実費相当額)

 

特室使用料



 

特室A

1日につき

22,000円

特室B

11,000円

個室使用料

 

 

 

個室A

1日につき

5,500円

個室B

4,400円

個室C

3,300円

2人室使用料

1日1床につき

1,650円

 

交通事故に係る診療料

1日につき

医科診療報酬点数表に準じて算定した額に1.5を乗じて得た額

 

健康保険を適用されない自費診療料

1日につき

医科診療報酬点数表に準じて算定した額に1.65を乗じて得た額

 

産婦人科に係る自費診察料

 

 

 

産婦人科診察料

1人につき

3,150円以内

産科医療補償制度の対象となる場合は、分娩料に同制度の掛金を加算する。

分娩料

 

 

時間内

1件につき

150,000円

多児分娩加算

1児を増すごとに

75,000円

時間外

1件につき

170,000円

多児分娩加算

1児を増すごとに

85,000円

休日又は深夜

1件につき

170,000円

多児分娩加算

1児を増すごとに

85,000円

分娩介助料

 

 

産科医療補償制度の対象となる場合は、分娩介助料に同制度の掛金を加算する。

時間内

1件につき

80,000円

多児分娩加算

1児を増すごとに

40,000円

時間外

1件につき

96,000円

多児分娩加算

1児を増すごとに

48,000円

休日又は深夜

1件につき

112,000円

多児分娩加算

1児を増すごとに

56,000円

人工妊娠中絶手技料

1人につき

11週まで108,000円以内12週以降分娩料に準ずる。

避妊リング手技料

31,900円

卵管結紮手技料

50,000円以内

入院時食事療養費

1日につき

食事療養の費用額算定表に準じて算定した額

新生児介補料

10,000円

新生児(入院)おむつ代

770円

乳腺マッサージ料

1回につき

3,000円

その他産婦人科診療料

1人につき

医科診療報酬点数表に準じて算定した額

体外衝撃波とう痛治療料

 

 

 

初回のみ

1回につき

30,550円

 

2回目以降

15,270円

 

特別初診料

1回につき

5,500円


特別再診料

2,750円


時間外診療予約料

1回につき

1,100円

 

病衣使用料

1日につき

77円

 

その他使用料

別に定める。

 

藤枝市立総合病院使用料及び手数料条例

平成23年12月21日 条例第25号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第3章 病院事業/第3節
沿革情報
平成23年12月21日 条例第25号
平成24年7月24日 条例第34号
平成25年3月29日 条例第14号
平成25年10月4日 条例第31号
平成26年3月26日 条例第10号
平成26年6月28日 条例第31号
平成26年12月24日 条例第39号
平成28年3月28日 条例第24号
平成31年3月20日 条例第3号