○語学指導等を行う外国青年の給与等に関する条例

平成元年6月26日

条例第36号

(目的)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項に規定する職員のうち、語学指導等を行う外国青年招致事業により、語学指導又は国際交流活動を行う外国青年(以下「外国青年」という。)の給与及び旅費について必要な事項を定めることを目的とする。

(給与)

第2条 外国青年の受ける給与は、給料及び通勤手当とする。

(給料の額)

第3条 外国青年の受ける給料については、月額33万円を超えない範囲内において教育委員会規則で定める。

(手当の額)

第4条 外国青年の受ける通勤手当については、藤枝市職員の給与に関する条例(昭和29年藤枝市条例第20号。以下「市条例」という。)の規定に基づく一般職員の例による。

(給与の支給方法)

第5条 前3条に定める給与の支給方法等については、市条例の規定に基づく一般職職員の給与の例による。

(旅費の支給)

第6条 外国青年が、職務を行うため旅行したときは、藤枝市職員等の旅費に関する条例(昭和54年藤枝市条例第7号)の規定に基づく一般職職員の例により、旅費を支給する。

2 外国青年が、赴任及び帰国のために要する旅費については、実費を支給することができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年7月24日条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日において、外国青年であった者で引き続き本市に採用された外国青年に支給する給料については、なお従前の例による。

語学指導等を行う外国青年の給与等に関する条例

平成元年6月26日 条例第36号

(平成24年7月24日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成元年6月26日 条例第36号
平成24年7月24日 条例第37号