ロンドンパラリンピック日本代表の秋元妙美さんが特別授業~ボッチャ体験学習会を実施しました~

秋元さんトークセッション

11月25日(月曜日)、令和元年度オリンピック・パラリンピック教育推進校の西益津中学校にて、東京海上日動火災保険株式会社(オリンピック・パラリンピック等経済界協議会)協力のもと、ボッチャ体験学習会を実施しました。東京2020パラリンピック大会公式競技であるボッチャ競技は「地上のカーリング」と呼ばれ、白い目標球に、ボールをいかに近づけられるかを競います。近年では障がいの有無にかかわらず、老若男女、誰でも楽しめるスポーツとして注目されています。

特別講師としてロンドン2012パラリンピック大会に出場した秋元妙美(あきもと たえみ)さんをお迎えし、実際に競技を体験した子どもたち。最後の一投まで勝敗がわからない展開に一喜一憂するなど、どの試合も盛り上がりを見せました。子どもたちからは「技術と戦略の両方が必要な競技だとわかった。パラリンピックに更に興味がわいた」等の感想がありました。

ボッチャを体験した後は、秋元さんのトークセッションを行いました。「脳性まひ」という障がいを持ちながらも、不屈の精神で13年かけて夢のパラリンピック出場を果たした秋元さんは、「困難に立ち向かうことで、喜びは何倍にもなって返ってくる。でも、つらいときは恥じることなく周りに助けてもらえばいいんだよ。」と優しく語りかけました。

今後も障がい者スポーツの普及を図るとともに、障がい者に対する理解を深め、東京2020パラリンピックの機運を盛り上げていきます。

ボッチャをプレイ
記念撮影

お問い合わせ

スポーツ振興課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3126
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年11月26日