子ども・初心者文化体験教室【立体書画】

講師作品

(参考)講師の作品

令和元年8月7日(水曜日)に藤岡の「おはなし長屋」で、「子ども・初心者文化体験教室」の「立体書画」を開催し小学生8人が参加しました。

立体書画は、静岡県が発祥の地とされ、木や竹の板などに描いた絵を電熱線で焼き切って、くり抜いたパーツを、凹凸をつけて立体的に組み立て、焼き目や色を付けて仕上げるものです。

電熱線を扱う際は、上下に素早く動かすことや火傷に注意しながら作業するよう講師から説明を受けたあと、子どもたちは、作りたいと思う動物や植物の絵を板に転写し、絵をくり抜く作業に取り掛かりました。

電熱線は極めて細いため、扱いにくかったり、複雑な曲線が思うように切れなかったり、素早く上下に手を動かすことなど慣れない動作に苦労しつつも、焼き切れてパーツが抜け落ちる瞬間が気持ちよく、夢中になって取り組んでいました。

ひとつの作品が完成するまで2日かかります。2日目は組み立て、仕上げの作業を行いますが、どんな個性あふれる作品が出来上がるのが楽しみです。

転写1

好きな絵を板に転写

指導1

道具の使い方の指導を受けました

切取り1

綺麗に切り取れました

上下1

手を素早く上下に動かして

11月15日(金曜日)~11月17日(日曜日)「立体書画展」(生涯学習センター)

12月1日(日曜日)「子ども初心者文化体験教室合同発表会」(市民会館)で作品展示を行います。入場無料ですので、是非見に来てください。

お問い合わせ

街道・文化課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3036
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年08月30日