絵手紙部門

絵手紙部門

市長賞

瀧下雅子「未来が見えるかな」

絵画市長賞

審査員講評

対象を斜めに配置することで採れたての蓮根が生き生きと表現されている。色も複雑で存在感がある。

「未来が見えたらいいね。」という言葉で明るい希望を感じさせ、元気をもらえる作品になっている。

 

教育長賞

手塚和江「夏の花」

絵画教育長賞

審査員講評

夏の花の鮮やかな色が美しい。

茎の線や花びらを軽やかな筆のタッチでとらえている。

文字もていねいでめりはりがある。こんな絵手紙をもらえたら嬉しい。

実行委員長賞

伊藤尚代「水面の女王花」

絵画実行委員長賞

審査員講評

蓮の花というと、ピンク色が多い中で、淡い緑系の色で統一している点が印象的であった。

画面一杯に文字と絵を配置しているが、重くならず爽やかである。

 

 

文化賞

鈴木育代

藁品勝宏

 

奨励賞

伊賀智津子

斎藤百代

谷下鏡子

望月禮子

審査員

青木晴美[国画会会員、静岡県版画協会会員、県女流美術協会会員、藤枝美術協会会長]

全体の講評

目にしたものを絵と言葉で小さな画面に表現する。それが人の心を捉える。そんな魅力をもった絵手紙が広まったら、日々の生活に潤いがあふれ楽しいだろう。普段、手間のかかる版画制作をしている私から見ると絵手紙は手軽にできる創作活動のように思えた。しかし”どんな言葉を添えるか、どんなモチーフを選ぶか”というとそう簡単ではない。形に定着させるのは難しい。作り続ける中で、これは・・・・と思うものが出てくるはず。1本1本の線を描くことや彩色を大いに楽しんでほしい。

お問い合わせ

街道・文化課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3036
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年11月11日