藤枝で開催!SPAC戯曲講座参加者募集!

SPAC

SPACでこの冬上演される「リチャード二世」の関連企画として、連続戯曲講座を藤枝で開催することが決定しました。

シェイクスピアの作品をモチーフに、参加者の皆さまにはオリジナル戯曲を創作していただきます。

劇作のコツを楽しく学びながら、地域の歴史や出来事に目を向け、ひとりひとりが地域の物語を紡いでいく、そんな創作の場です。

講座の最終日には、選ばれた戯曲がSPAC俳優によるリーディングで披露されます。

戯曲や劇作に興味のある方は、ぜひご参加ください!

お申込みをお待ちしています。

SPAC戯曲講座

日程

1回目 7 月24日(日曜日) 午後6時~8時30分

2回目 8 月 7日(日曜日) 午後6時~8時30分

3回目 9 月25日(日曜日) 午後6時~8時30分

4回目 10月30日(日曜日) 午後6時~8時30分

5回目 12月 4日(日曜日) 午後1時30分~7時30分

会場

藤枝市民会館(藤枝市岡出山1-11-1)

実施回数

全5回

参加費

1回 1,000円

5回通し 2,500円

注意1:1回目と2回目は単発での参加が可能な内容です。

注意2:3回以上ご参加される場合は、2,500円になります。

定員

各回20名

対象

中学生以上

注意:18歳未満の場合は、保護者同意の上、お申込みください。

参加条件

Word等による文章作成、メールでのファイル送信ができること。

講師

山田裕幸

劇作家、演出家、ユニークポイント代表。

藤枝ノ演劇祭フェスティバルディレクター。

約25年間、東京を拠点に活動を行ってきたが、2015年より静岡に移り、2018年藤枝市に白子ノ劇場を開設し、地域に根ざした創作活動を行っている。現在は、日本劇作家協会の人材育成委員会委員長も務めている。

申し込み方法

SPAC戯曲講座専用ホームページよりお申込みください

SPAC(すぱっく)とは

公益財団法人 静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center:SPAC)は、静岡県が設立した公立劇団として、静岡芸術劇場(グランシップ内)と静岡県舞台芸術公園を拠点に1997年より活動。2007年、宮城聰が芸術総監督に就任し、国内外で舞台作品の創造上演をするほか、人材育成・アウトリーチなどの事業も展開している。また、「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、「SPAC 秋→春のシーズン」では一般公演に加え、平日に「中高生鑑賞事業」を実施し、静岡県内の中高生を劇場に招待している。

詳細チラシはこちら

お問い合わせ

街道・文化課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3036
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年06月21日