電気柵の安全な設置と管理に向けて~設置状況の緊急パトロールを実施~

(写真)確認の様子

7月19日、西伊豆町で「動物よけ電気柵」による感電事故が発生し、2人の尊い命が失われました。
電気柵を設置する場合は、「漏電遮断機」「電源装置」「危険を知らせる看板」の設置が義務付けられ、設置者が責任を持って安全を確保することが必須となります。
本市では、7月27日・28日に電気柵設置状況の緊急パトロールを実施。公共施設を中心に、人が集まる場所の電気柵を重点的に巡回し、漏電遮断機や電源装置など安全対策が適切に行われているかを確認しています。
不適切な設置を発見した時点で、指導・注意喚起を行います。
また、今後は関係機関と連携し、市内農業者約5300軒に電気柵設置状況アンケートを実施。結果に基づいて、現況調査を実施していきます。
適正に設置された電気柵は、触れても命に関わることはありませんが、念のため触れることのないようにしてください。

お問い合わせ

農林課
〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山2-15-25 藤枝市役所南館1階
電話:054-643-3266(農業振興係)
054-643-3350(農林土木係、森林整備課係)
ファックス:054-631-9081

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年10月08日