令和3年度発達障害児者療育支援研修会を実施しました

令和3年8月4日、藤枝市内の発達障害児者の支援者を対象に研修会を開催しました。

研修会は、午前と午後の2部構成となっており、午前の部はNPO法人「はびりす」作業療法士の奥津光佳先生に「読み書き支援について~オーダーメイドのプログラム作り~」についてお話いただき、午後の部は同じくNPO法人「はびりす」作業療法士の田垣敦朗先生に「幼児期の感覚統合遊び~子どものタイプに合わせて考えよう~」についてお話いただき、幅広い支援者を対象とした研修会となりました。

また、新型コロナウイルス感染症対策として、当日は講師リモート登壇によるオンライン研修という形で実施しました。また検温や消毒、ソーシャルディスタンスの確保などの対策を十分に行いました。

午前、午後ともに、講師の先生は子どもの表れやつまずきの背景にあるものをきちんと把握し、それを踏まえて支援していくことの大切さを話されていました。そして具体的な支援方法も多く教えていただいたため、アンケートの結果からも、「わかりやすかった」「さっそく取り入れてみようと思った」といった意見が寄せられました。

 

会場の様子
午前講師スライド
午後講師スライド

更新日:2021年08月26日