4府省で推進する「スマートシティ官民連携プラットフォーム」への参加

内閣府、総務省、経済産業省及び国土交通省が、スマートシティの取組を官民連携で加速するために、自治体及び企業、大学・研究機関、関係府省を会員として設置する「スマートシティ官民連携プラットフォーム」に、国土交通省のスマートシティモデル事業に取組む藤枝市及び藤枝ICTコンソーシアムが設立時の会員として参加します。

スマートシティ官民連携プラットフォームの概要

(1)事務局

内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省の4府省

(2)会員

471団体(令和元年8月8日時点)

内訳:スマートシティ関連事業に取り組む団体 459団体

        (企業等304団体、大学・研究機関43団体、地方公共団体112団体)

          関係府省・経済団体等 12団体

(3)取組内容

1.スマートシティ関連事業の効果的な推進・重点支援

2.分科会の開催

3.企業、大学・研究機関、地方公共団体等の間の情報共有・マッチング支援

4.国内外への普及促進活動

更新日:2019年08月29日