文学館企画展「小川国夫と司修 二人が描いた『悲しみの港』」

(イメージ)文学館企画展「小川国夫と司修 二人が描いた『悲しみの港』」

開催場所・会場
藤枝市郷土博物館・文学館(若王子500)
開催日・期間
平成31年4月6日(土曜日)~5月26日(日曜日)
イベントの種類分野
郷土博物館・文学館のイベント / 郷土博物館・文学館
イベントの詳細
内容

『悲しみの港』は、平成3(1991)年11月1日から平成4(1992)年9月30日まで、「朝日新聞」夕刊に271回にわたり連載され、平成6年に、第5回伊藤製文学賞を受賞した、小川国夫の青春文学の代表作です。

新聞連載の際に、小川たっての希望で挿画を担当したのが、画家であり装丁家でもある司修てす。元々ふたりは親交が深く、小川国夫全集の装丁を手がけたのも司でした。

藤枝を中心とした大井川流域を舞台に、物語は展開します。作家・小川国夫が描いた故郷藤枝の姿と、画家・司修が何度も足を運んで描いた藤枝の姿を、直筆の原稿と原画でお楽しみください。

また、自身も絵を好んだ小川が、「枯木」の号で描いた「小川漫画」も特別に展示します。

関連ファイル
入館料

大人200円、中学生以下無料

※藤まつり期間中(4月20日~5月5日)は無料

問い合わせ先
郷土博物館・文学館
〒426-0014 静岡県藤枝市若王子500
電話:054-645-1100
ファックス:054-644-8514

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

郷土博物館・文学館
〒426-0014 静岡県藤枝市若王子500
電話:054-645-1100
ファックス:054-644-8514

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月03日