軽自動車税

軽自動車税とは

軽自動車税は、毎年4月1日現在における軽自動車等(原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車、二輪の小型自動車)の所有者にかかる税金です。

4月2日以降に廃車や名義変更をされた場合でも、その年度の軽自動車税は全額課税され、月割り課税の制度はありません。

納税通知書は5月15日頃に送付します。納期限は6月5日(土曜日・日曜日・祝日の場合は翌日または翌々日)です。

税制改正に伴い軽自動車税の税率が改正されました

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車

平成28年度から、原動機付自転車及び二輪車等の税率を下記のとおり引き上げられました。

税率改正表(原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車)
車種   平成27年度まで 平成28年度以後
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
原動機付自転車 50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
原動機付自転車 90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
原動機付自転車 ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊自動車 農耕用トラクター 1,600円 2,400円
小型特殊自動車 その他(特殊作業用) 4700円 5,900円
軽二輪 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
ボートトレーラー   2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 250cc超 4,000円 6,000円

軽四輪車・軽三輪車

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた軽四輪車から下記1.のとおり税率を引き上げます。
グリーン化を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した軽四輪車等について、その翌年度より下記2.のとおり税率を引き上げます。

 

平成28年度~
車種 平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両 1.平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両 2.最初の新規検査から13年経過した車両
軽三輪 3,100円 3,900円 4,600円
軽四貨物(営業用) 3,000円 3,800円 4,500円
軽四貨物(自家用) 4,000円 5,000円 6,000円
軽四乗用(営業用) 5,500円 6,900円 8,200円
軽四乗用(自家用) 7,200円 10,800円 12,900円

 

 

グリーン化特例(軽課)
平成28年4月1日から平成29年3月31日までに初めて車両番号の指定を受けた車両が対象となります。
この軽課措置は平成29年度課税分に適用されます。
車種

A. 75%軽減

電気自動車等

B. 50%軽減

ガソリン車のみ

C. 25%軽減

ガソリン車のみ

軽三輪 1,000円 2,000円 3,000円
軽四貨物(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円
軽四貨物(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円
軽四乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
軽四乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円

A. 電気自動車・天然ガス自動車等(平成21年度排出ガス10%低減)

B. 貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ、平成27年度燃費基準+35%達成車

乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ、平成32年度燃費基準+20%達成車

C. 貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ、平成27年度燃費基準+15%達成車

乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ、平成32年度燃費基準達成車

  • A~Cの各燃料基準の達成状況については、車検証の備考欄に記載されています。
  • 「★★★★」‥平成17年度排出ガス基準75%低減達成車。

 

平成29年度税制改正によりグリーン化特例(軽課)が2年間延長しました

平成29年4月1日から平成30年3月31日に初めて車両番号の指定を受けた車両の経過措置は、下記の基準で平成30年度課税分に適用されます。

平成30年4月1日から平成31年3月31日に初めて車両番号の指定を受けた車両の経過措置は、下記の基準で平成31年度課税分に適用されます。

A 75%軽減

電気自動車・天然ガス自動車等(平成21年度排出ガス10%低減、又は平成30年排出ガス規制適合)

B 50%軽減

貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ、平成27年度燃費基準+35%達成

乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ、平成32年度燃費基準+30%達成

C 25%軽減

貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ、平成27年度燃費基準+15%達成

乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ、平成32年度燃費基準+10%達成

軽自動車等の諸手続き

  • 軽自動車等の所有者が市外に転出する(転出した)
  • 軽自動車等を他の人に譲りたい(譲った)
  • 軽自動車等を処分したい(処分した)
  • 軽自動車等が盗難に遭い見つかりそうもない

といった場合は届け出が必要です。

こうした届け出をせずに、軽自動車税の賦課期日(4月1日)を経過すると税の通知が届かなかったり、手続き前の名義人に対する課税が残ってしまったりするなどトラブルの原因になります。

届け出はお忘れ無いようお早めにお願いします。

原付バイク(125cc以下)、トラクター、フォークリフト等の手続きについて

原付バイク(125cc以下)・トラクター・フォークリフトの登録・廃車・名義変更について、詳しくは下記リンクをご覧ください。

軽自動車(660cc以下の三輪・四輪車)の手続きについて

下記にある軽自動車検査協会のリンクをご覧ください。

軽自動車検査協会 HOME外部リンク

小型二輪(250cc超)、軽二輪(125cc超250cc以下)の手続きについて

下記にある静岡運輸支局のリンクをご覧ください。

自動車検査登録ガイド外部リンク

減免について

次のいずれかに該当する場合は、納期限の7日前までに減免申請することにより軽自動車税が減免となります。

詳しくは課税課までお問い合わせください。

・公益のため直接専用する軽自動車等

・身体障害者手帳・療育手帳(A判定)・精神障害者保健福祉手帳(1級)をお持ちの方で、対象者要件に該当する方(障害の等級によっては減免の対象にならない場合もありますので、事前にお問い合わせください)

  • 障害者本人名義の自動車に限ります(ただし、障害者が18歳未満の場合および知的障害者の場合および精神障害者保健福祉手帳(1級)をお持ちの方の場合は、家族(同一生計者)名義でも対象となります)
  • 1人の障害者に対して1台のみ適用されます。
  • 同一年度において、普通自動車税の減免、または重度心身障害者タクシー料金助成制度・藤枝市こころの保健福祉タクシー料金助成制度とは重複申請できません。

・申請に必要なもの

  • 身体障害者手帳または療育手帳または精神障害者保健福祉手帳
  • 運転免許証(またはその写し両面)
  • 印鑑
  • 車検証

同一生計者が運転する場合は、市役所自立支援課で「生計同一証明書」をもらってください。
(精神障害者保健福祉手帳(1級)の方は、中部健康福祉センター障害福祉課(電話:(054)644-9279)で「生計同一証明書」をもらってください。
・その構造が専ら身体障害者等の利用に供するためのものである軽自動車等

車検用納税証明書の申請について

手数料は無料です。本人の同意があれば本人以外の方でも申請できます。

窓口で交付を受けたい場合

必要なもの

  • 車検証の原本または写し
  • 印鑑
  • 申請書(窓口にあります)
  • 10日前~当日税金を納付した場合は、領収書の写し

郵送で交付を受けたい場合

必要なもの

  • 申請書または、車検証の写しに、住所・氏名・「車検用納税証明書の発行をお願いします」と記入・押印したもの。
  • 返信用封筒(82円切手を貼ってください)
  • 10日前~当日税金を納付した場合は領収書の写し
  • 以上のものを藤枝市役所課税課まで郵送してください。

郵送の場合は車検の1週間前までに申請してください。

標識交付証明書の再発行

手数料は無料です。本人以外の方でも申請できます。

必要なもの

  • 印鑑
  • 標識番号が分かるもの
  • 申請書

上記3つの手続きに必要な申請書は下記のリンクをご覧ください。

その他

廃車の手続きにおいて、次のような理由でナンバープレートの返納ができない場合は、ご相談ください。

  • バイクの盗難にあった場合→直ちに盗難届を警察に出し、その後ご相談ください。
  • ナンバープレートを紛失した場合
  • ナンバープレートがついたままバイクを処分してしまった場合  など

 

軽自動車税については、諸税・法人係へご連絡ください。

お問い合わせ

課税課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所西館2階
電話:054-643-3187(市民税係)
054-643-3276(諸税・法人係)
054-643-3279(家屋・償却資産係)
054-643-3292(土地係)
ファックス:054-643-3125

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月01日