ふじスポ・東京オリパラ版~イタリア柔道代表選手が青島東小学校で給食体験!~

児童と給食を楽しむエドウィッジ選手

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け子どもたちのさらなる機運高揚と、ホストタウンのイタリアをより知ってもらうことを目的に、7月はイタリアメニューを取り入れた学校給食を提供しています。7月6日(木曜日)にはイタリアメニューデーにあわせ、強化合宿中のイタリア人選手とコーチが青島東小学校を訪問し、子どもたちと給食や交流を楽しみました。
午前の稽古のあと青島東小学校を訪れたのは、エリオス選手、エドウィッジ選手、そしてロベルトコーチの3人。全員オリンピック出場経験者です。
到着時に6年生をはじめとする児童たちから熱烈な歓迎を受けた一行は、校内をまわり配膳の様子を視察。4年4組の教室では北村市長、西原議長、山本教育長も参加し、イタリアのパンで有名なフォカッチャや、トマトベースのイタリア版野菜スープ・ミネストローネなど、給食センターの方々の愛がつまったイタリアメニューを堪能しました。
「柔道は何歳から何をきっかけに始めたの?」「オリンピックに出るときは、どんな気持ちなの?」などといった子どもたちの質問に真摯に、そしてお茶目に答えてくれた選手達。「ボーノ?(おいしい?)」とみんなで問いかけると、「とってもおいしいよ!」と返事が返ってきました。
昼休みには体育館で柔道少年が選手達と実演をしたり、集まった子どもたちが質問したりと楽しい時間をすごしました。最後に8月の世界選手権に向け頑張っている選手達に、ありったけの力を込めて「フレー!フレー!アッズーリ!(イタリア代表)」と声援を送り、イタリア柔道連盟との交流事業としては初の試みである学校訪問・給食体験を終えました。
心優しくユーモアにあふれる一流アスリートとの交流は、子どもたちにとってかけがえのない経験となったことでしょう。イタリア人選手やコーチにとっても、日本に自分達の「応援団」がいるということは大きな支えになるはずです。
今後もイタリア柔道チーム強化合宿における来訪にあわせ、イタリアメニューデーならびに給食体験を予定しています。

歓迎をうけたエリオス選手ぼくたちのクラスにようこそみんなでたべるとボーノだねロベルトコーチと柔道対決

歓迎をうけたエリオス選手
ぼくたちのクラスにようこそ
みんなでたべるとボーノだね
ロベルトコーチと柔道対決

お問い合わせ

スポーツ振興課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3126
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2017年07月11日