災害時に円滑な応急対策を行うために~全日本冠婚葬祭互助協会と協定を締結~

協定締結式の様子

平成29年11月17日、藤枝市と一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会との間で、災害時における協力に関する協定を締結しました。

東日本大震災では、多くの方々が亡くなり、遺体の安置場所が不足したり、遺体の処理に苦慮するなどの問題が起きました。本市でも、静岡県より公表された「第4次地震被害想定」において、最大クラスの地震が発生した場合に、多数の方が犠牲になることが想定されています。

こうしたなか、全日本冠婚葬祭互助協会の申し入れにより、災害時に多数の死者及び被災者が一時的または集中的に発生する場合の迅速かつ円滑な応急対策を行なうため、「災害時における協力に関する協定」を締結する運びとなりました。

協定内容

  • 遺体の収容及び安置に必要な機材、資材及び消耗品並びに作業等の役務の提供
  • 遺体を安置する施設(葬儀式場等)の提供
  • 遺体搬送用寝台車及び霊柩車等による遺体搬送
  • 帰宅困難者に対する避難場所の提供(結婚式場等)
  • 市が設置した一時避難所及び、全日本冠婚葬祭互助協会が提供する避難場所(市内に結婚式場1箇所、葬祭場4箇所)における、被災者に対する炊き出しや継続的な食事等(弁当等)の提供 など

協定の締結により、災害時に多数の死者及び被災者が一時的または集中的に発生する場合の迅速かつ円滑な応急対策が可能となり、大きな安心につながることが期待されます。

お問い合わせ

大規模災害対策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館2階
電話:054-643-3119
ファックス:054-645-3050

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2017年11月17日