災害時に各種法律相談等を円滑に~災害時の司法書士相談業務の支援に関する協定締結~

杉山会長と北村市長

阪神淡路大震災や東日本大震災では、多くの方が亡くなり、多数の建物が被災したことから、相続や不動産の登記、成年後見人など、財産や権利に関する専門知識が必要となる相談が多数生じました。

藤枝市でも、静岡県より公表された「第4次地震被害想定」において、最大クラスの地震が発生した場合に、非常に大きな被害を受けることが想定されており、多くの方から財産や権利に関するさまざまな相談が寄せられることが予想されます。

大規模災害時、各種法律相談等を円滑に行うため、5月24日、静岡県司法書士会と「災害時における司法書士相談業務の支援に関する協定」を締結しました。
本協定の締結により、災害時に相談員の派遣を要請し、相談窓口を確保することが可能となり、被災者の相続や不動産登記などの法律問題の解決に向け、支援体制が充実することになります。

北村市長は「災害時に、法律の専門家であり、被災者支援の経験豊富な司法書士会様に、無料相談や情報提供をしていただけることは、市として大変心強く、市民の大きな安心にもつながる」と期待を寄せました。

今後も、市民の安全・安心のため、さらなる連携強化を図っていきます。

協定書(写)

お問い合わせ

大規模災害対策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館2階
電話:054-643-3119
ファックス:054-645-3050

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年09月21日