藤枝の大茶樹の茶摘みを行いました

更新日:2018年5月11日

平成30年5月3日(木曜日・祝日)に樹齢300年以上といわれる「藤枝の大茶樹」の茶摘み(手摘み)を行いました。茶摘みには、「藤枝市茶手揉保存会」「藤枝茶娘」などのみなさん(約20名)が参加しました。

大茶樹の茶摘みの様子

大茶樹の写真

藤枝の大茶樹について

・大茶樹を所有する平口家によると、西暦1700年頃、平口家の先祖が種をまいたものと伝えられています。

・大きさは、樹高4メートル、周囲33メートルの県内最古の大茶樹です。

・常設された足場に上がるなどして、お茶摘みを行います。

・例年、生葉で約15~20キログラムの収量があり、今年は約15.5キログラムの収量がありました。

・品質については、調査により香りなど優秀な品質であると認められています。

 

収穫した茶葉の活用方法

・手摘みされたお茶を「長寿の香り2018」として製茶します。

・「長寿の香り2018」を縁起物として、市内の高齢者施設に配布します。

・「長寿の香り2018」を藤枝茶のPRとして、市内外の企業訪問時などにも配布します。

大茶樹3

大茶樹4

この記事に関する
お問い合わせ先
お茶のまち推進室
〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山2-15-25 藤枝市役所南館1階
電話:054-643-3266
ファックス:054-631-9081

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • セキスイハイム東海バナー画像
  • 静鉄不動産バナー画像
  • あんしんりふぉーむバナー画像
  • バナー広告募集画像
  • バナー広告募集画像

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。