ICTを活用して高齢者の買い物を支援~実証実験がスタート~

更新日:2018年2月5日

支援者から商品を受け取る徳浪さん

出歩くのが困難なお年寄りなど「買い物弱者」の対策が全国的に課題となる中、本市では、2月1日、ICTを活用した買い物支援の実証実験をスタートさせました。

これは、高齢者に代わり市民ボランティアなどの支援者が買い物をして商品を届けるもの。利用者が電話やファクスで連絡した希望の商品や日時などの情報をシステムに登録し、その状況を支援者がスマートフォンなどで確認し、対応の可否を判断する仕組みとなっています。

モデル地区として実証実験を行うのは、中山間地域の瀬戸谷地区。65歳以上の高齢者がいる世帯が対象で、利用者は12人、支援者は市民17人と1企業が登録しています。

2月1日にはさっそく、支援者として登録した黒木美紀さんが、市内本郷の徳浪かやさんから依頼のあった、しょうゆやパンなどを瀬戸谷地区の商店で購入し、徳浪さん宅にお届け。商品を受け取った徳浪さんが「今までは自分で買い物をしていたが、これからのことを考えるとすごくありがたい。こうした制度が広がっていけば、助かる人も多くいると思う」と感謝の言葉を伝えると、荒木さんは「とてもやりがいのあるボランティアだと感じた。今は時間があるので、有効に活用して皆さんのお役に立てればと思う」と話しました。

この実証実験は3月31日まで実施し、その後結果を踏まえながら、10月から瀬戸谷地区での本格実施を目指します。

買い物をする黒木さん

この記事に関する
お問い合わせ先
市民活動団体支援課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3274
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アール・オー・エス中部株式会社
  • 有限会社アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。