気分は古代人!?~志太ぐんがまつり2017秋を開催~

更新日:2017年10月2日

火おこし体験の様子

奈良・平安時代に設置されていた「駿河国志太郡」の役所跡で、国の指定史跡にもなっている「志太郡衙跡」。建物や門、道路などの跡のほか、「志太」と記された土器や木簡も出土しています。また、敷地内には資料館もあり、古代の生活を学ぶことができます。
こうした歴史や当時の様子をより多くの皆さんに知ってもらおうと、10月1日、「志太ぐんがまつり2017秋」を開催しました。
当日は、天候にも恵まれ会場は大にぎわい。来場者は、火おこしや弓矢、古代衣装の試着、裂織など、古代の史跡にちなんだ体験を楽しみました。
家族で訪れて火おこし体験に挑戦した小学校2年生の女の子は、「昔の火の付け方を初めて知った。実際に付けることはできなかったけど、楽しかった」と笑顔で話してくれました。
また、今回のイベントでは、古代に税として納められた鰹節の原形とされる「煮堅魚(にかつお)」を復元する、焼津古代鰹節献納プロジェクト「志太郡衙から奈良平城京へ」とタイアップ。焼津神社から運ばれた煮堅魚を、奈良への献納前に検査する様子を再現した式典が執り行われました。
なお、この煮堅魚は、10月8日に奈良県の薬師寺を訪れ、実際に奉納するとのことです。

裂織体験の様子

イベント会場の様子

この記事に関する
お問い合わせ先
文化財課
〒426-0014 静岡県藤枝市若王子500 郷土博物館・文学館内
電話:054-645-1100
ファックス:054-644-8514

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アール・オー・エス中部株式会社
  • 有限会社アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。