藤枝順心高校サッカー部が全国の頂点に~第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会~

更新日:2018年1月9日

優勝カップをかかげる順心メンバー

1月7日、神戸ユニバー記念競技場で行われた「第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会」の決勝で、藤枝順心が作陽(岡山県)を2-0で下し、2大会ぶり3度目の優勝を果たしました。

持ち味の堅守を発揮し、1回戦から無失点で決勝に駒を進めた藤枝順心。決勝では、試合序盤から作陽の圧力を受け劣勢になる場面もあったものの、前半40分にFW青木なつみ選手の左足のシュートで先制点を奪うと、勢いに乗った藤枝順心は、続く45分にもMF並木千夏選手が右からのクロスを冷静にゴールに流し込み追加点を上げました。

後半は、安定した守備と落ち着いた試合運びで、反撃を試みる作陽をはねのけ、見事、全5試合無失点で全国の頂点に輝きました。

試合終了のホイッスルが会場に鳴り響くと、選手たちは抱き合って喜び、スタンドは歓喜の渦に包まれました。

キャプテンの千葉玲海菜選手は「昨年の大会では悔しい思いをしたので、今年は絶対に勝つという気持ちで臨んだ。多くの人に支えられて、優勝できたことはとてもうれしいし、感謝の気持ちでいっぱい。この優勝を力にこれからのサッカー人生を歩み、歴代の先輩のように、なでしこジャパンでも活躍できる選手になりたい」と話してくれました。

また、藤枝市内ではパブリックビューイングを開催し、約100人が集結。サッカーのまち藤枝を代表して戦う藤枝順心の全国制覇に、会場は大いに盛り上がりました。

入場する順心イレブン

試合前の集合写真

試合に臨む順心の選手

試合に臨む順心の選手

試合に臨む順心の選手

試合に臨む順心の選手

試合に臨む順心の選手

試合に臨む順心の選手

得点を喜ぶ順心の選手たち

選手を応援するスタンドの様子

試合に臨む順心の選手

試合に臨む順心の選手

優勝を報告する選手たち

優勝の喜びを分かち合う選手と観客席

この記事に関する
お問い合わせ先
サッカーのまち推進課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3138
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • バナー広告募集中

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。