畳の上の格闘技!~新春特別企画「競技かるたin柏屋」を開催~

更新日:2018年1月15日

競技かるたの体験の様子

映画で注目を集め、畳の上の格闘技としてあらためて人気が出ている「百人一首」。皆さんも、学生時代などに一度はやったことがあるのでないでしょうか。

藤原定家が、飛鳥時代から鎌倉時代の百人の歌人が詠んだ和歌を、一人一首ずつ選んだのが「小倉百人一首」で、江戸時代初期から庶民に広がり、現在でも多くの人に親しまれています。

1月14日、百人一首の遊び方の一つである「競技かるた」を体験できる催しを岡部宿大旅籠柏屋で開催し、小学生3年生から中学校3年生までの21人が参加しました。

体験相手を務めたのは、全国大会への出場経験もある静岡東高校百人一首部の生徒。まず、競技かるたのデモンストレーションが披露されると、参加者はそのスピードや迫力などに感嘆していました。

体験は、高校生1人に対して3人で実施。一枚でも多くの札を取ろうと、静岡東高校百人一首部の顧問である竹中先生のアドバイスを受けながら、競技かるたにチャレンジしました。

参加した葉梨中学校3年生の男子生徒が「高校生は圧倒的に強かったけど、経験したことを生かしてもっと強くなりたい」と話すと、静岡東高校2年生の女子生徒は「小・中学生が百人一首の句を覚えていて、思ったより強くて驚いた。私自身もっと強くならなくては」と、それぞれ感想を話してくれました。

かるたとしての競技性と、和歌としてその歌に込められた思いの両方を楽しめる百人一首。新春を迎えたこの時季に、皆さんも楽しんでみてはいかがでしょうか。ちなみに、百首のうち43首が恋の歌だそうです。

競技かるたデモンストレーションの様子

競技かるた体験の様子

この記事に関する
お問い合わせ先
街道・文化課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3036
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アール・オー・エス中部株式会社
  • 有限会社アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。