文化の宝箱事業のご紹介

更新日:2016年5月30日

事業概要

本市では、文化マスタープランに掲げる「芸術に触れる機会の創出」の推進に向け、平成23年度から地元で活躍する芸術家を市内各学校へ派遣し、講話や実技披露、児童・生徒による体験を行う「文化の宝箱事業」を実施しています。

本事業は児童・生徒が文化芸術に親しみ、感性や情操を養う機会を提供することで、次世代の芸術文化の担い手の育成と、芸術家の活動の活性化に繋げています。

学校コンサートの様子

学校コンサート(50分程度)

学校の体育館がコンサートホールに早変わり。

歌、ピアノ、フルート、ヴァイオリンなど演奏者4~5人によるミニコンサートを行います。

学校の文化祭の1プログラムとしても実施しています。

民族楽器体験の様子

文化体験教室(40分~50分程度)

各学校の音楽室や視聴覚室、体育館などで、音楽や伝統文化など講師の模範演奏を間近で見たり、子ども一人ひとりが実際に体験したりします。

文化体験教室メニュー

和楽器体験(筝、尺八)・和楽器体験(津軽三味線)・長唄体験・民族楽器体験・合唱指導・落語鑑賞・茶道体験(抹茶)・茶道体験(煎茶)・俳句教室・美術教室

この記事に関する
お問い合わせ先
街道・文化課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-643-3036
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • セキスイハイム東海バナー画像
  • 静鉄不動産バナー画像
  • あんしんりふぉーむバナー画像
  • バナー広告募集画像
  • バナー広告募集画像

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。