国内初!藤枝市内全域にIoTプラットフォームを構築

更新日:2017年4月1日

地元産業等のICT活用促進を目指し、ソフトバンクと連携して実証実験

本市とソフトバンク株式会社(東京都港区、宮内 謙代表取締役社長兼CEO)は、2016年6月1日に締結した包括連携協定に基づき、IoTの普及と市内産業の利活用の促進に向け、全国自治体に先駆けてIoT専用通信基盤を藤枝市内全域に整備します。

目的

  • 国内外の事業者に様々なIoTサービス開発の実証の場を提供し、民間投資の誘導と市内産業と連携を促し、全国に先駆けてIoT活用を推進する
  • 公共施設の維持管理や駐車場の空き情報管理、ガス・水道メーター等の遠隔検針、農場管理等、幅広い活用に向け官民連携で研究を推進する

内容

  • 低価格、低消費電力のLPWAネットワークと呼ばれる通信規格を採用し、2016年度内に市内各所に基地局を設置
  • 必要となるセキュリティやストレージ(情報の保管場所)、情報分析などの機能を有するIoTプラットフォームを一括して構築し、利用者に提供
  • 子どもの登下校時の見守りシステム(位置情報検索や登下校確認)構築などの実証実験を2017年度に予定
この記事に関する
お問い合わせ先
ICT推進室
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館3階
電話:054-631-5585
ファックス:054-643-3604

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • バナー広告募集中

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。