藤枝市とソフトバンクが包括連携協定を締結

更新日:2017年4月1日

全国初!ICTで地方創生を推進

藤枝市とソフトバンク株式会社(東京都港区、宮内 謙代表取締役社長兼CEO)は、「科学・ICT・ロボット教育」をはじめとする本市ならではの地方創生の実現に向け、同社では全国初となる包括連携協定を締結しますのでお知らせします。

本市と同社とは、教育分野のほか、健康、環境、危機管理など本市の重点施策(4K施策)を中心に、最先端のICT技術の活用について強力に連携し、「ふじえだ健康都市創生総合戦略」をさらに推進します。

締結日

平成28年6月1日(水曜日)

締結場所

藤枝市庁舎西館3階 特別会議室

目的

藤枝市とソフトバンクの相互協力及び連携の下で、両者の資源を有効に活用した協働により、持続的な地域の発展に貢献する。

連携事項

  • ICT・ロボットを中心にした教育の推進に関すること
  • 健康推進のまちづくりに関すること
  • 環境に貢献するまちづくりに関すること
  • 危機管理の強化に関すること
  • シティ・プロモーションに関すること
  • その他、地方創生の推進に関すること
この記事に関する
お問い合わせ先
ICT推進室
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館3階
電話:054-631-5585
ファックス:054-643-3604

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アール・オー・エス中部株式会社
  • 有限会社アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。