• ホーム
  • お知らせ
  • 全国自治体初!庁舎ガラス面を活用した情報発信をスタート

全国自治体初!庁舎ガラス面を活用した情報発信をスタート

更新日:2017年9月1日

ガラスサイネージを説明する北村市長

8月29日から、藤枝市役所で北側玄関ホール東側のガラス面を活用した情報発信がスタートしました。
これは、ガラス面に特殊フィルムを貼り、プロジェクターで投影して静止画や動画を映し出す「ガラスサイネージ」と呼ばれる手法を活用し、市の情報を発信するものです。本手法による情報発信は、全国の自治体で初めてとなります。
表示サイズは、横160センチ、縦90センチほどで約70インチ。市のイベント情報をはじめ、市の魅力を伝えるプロモーション動画などを表示しています。
なお、この取り組みは、ICT(情報通信技術)事業などを展開する株式会社フューチャーインと共同のパイロット事業として実施しているため、設置に関する市側の費用負担はゼロとなっています。
市役所を訪れる皆さんに、藤枝の魅力やすてきなイベント情報などを効果的に届けたいという思いで始まったこの取り組み。ガラスに映し出されるホットな情報を、ぜひ、ご覧ください。

ガラスサイネージをみる親子

ガラスサイネージの概要を説明する様子

この記事に関する
お問い合わせ先
広報課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館3階
電話:054-643-3108
ファックス:054-643-3604

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アール・オー・エス中部株式会社
  • 有限会社アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。