現在の位置

文学館古典講座「芭蕉と『奥の細道』を行く」

更新日:2018年4月7日

文学館古典講座「芭蕉と『奥の細道』を行く」の詳細
分野

郷土博物館・文学館

とき

平成30年6月2日、7月7日、8月4日、9月1日、10月6日、11月10日(いずれも土曜日)

午後1時30分~3時30分

ところ 文学館講座学習室

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

内容

蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風を確立した松尾芭蕉は、俳諧の芸術的完成者といわれます。芭蕉が渾身の力を込めて旅をし、著した世界に誇る名作「奥の細道」や、芭蕉が人生最後の旅で詠んだ俳句と俳文を味わいます。その中で作品世界の中核を流れる、「不易流行」や「軽み」の詩心と人生観に触れてみましょう。

芭蕉が確立した俳諧・俳句を通じて日本人の美意識を学びましょう。

関連ファイル

古典講座チラシ(PDF:230.1KB)

講師

武士俣勝司さん(詩人・静岡県文学連盟運営委員・各種日本文学講座主宰)

料金

1回300円

持ち物

筆記用具(テキストは文学館でご用意します)

申し込み

4月12日(木曜日)から電話で郷土博物館・文学館へ
※現在キャンセル待ちとなっております。

問い合わせ先

郷土博物館・文学館
〒426-0014 静岡県藤枝市若王子500
電話:054-645-1100
ファックス:054-644-8514

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップ