現在の位置

広報ふじえだ8月20日号掲載情報

更新日:2017年8月20日

たんぽぽおはなし会

対象/未就学児とその保護者

とき/9月6日(水曜日)午前11時~11時30分

ところ/文学館子ども学習室

内容/手袋人形「雷ぼうや」、パネルシアター「お皿の上の」など

定員/20名(先着順)

参加料/無料

 

郷土博物館特別展「二つの東海道五十三次」―江戸の広重と昭和の関野準一郎―

本市に東海道五十三次の宿場町「藤枝宿」「岡部宿」があったことにちなみ、江戸時代と昭和時代の2つの「東海道五十三次」風景版画シリーズを紹介します。浮世絵の巨匠・歌川広重が描いた最高傑作「保永堂(ほうえいどう)版東海道」と、昭和の木版画の第一人者・関野凖一郎が描いた県内初公開の高度経済成長期の東海道五十三次。2つの大作シリーズを見比べながら、昔も今も日本人を惹きつけてやまない「東海道」の魅力や風景の移り変わり、旅愁を感じてみませんか。

 

とき/9月14日(木曜日)~10月25日(水曜日)午前9時~午後5時

※月曜日(祝日の場合はその翌日)は休館

ところ/郷土博物館・文学館

入館料/大人300円、中学生以下無料

※直接会場へ

歌川広重の藤枝

歌川広重の東海道五十三次「藤枝」

関野凖一郎の藤枝

関野凖一郎の東海道五十三次「藤枝」(高浜市やきものの里かわら美術館所蔵)

記念講演会「父 関野準一郎と現代版画について」

昭和を代表する木版画家・関野凖一郎さんの素顔や作品の魅力、自らも取材旅行に同行した東海道五十三次制作のエピソードについて、関野さんの息子が講演します。

 

対象/小学校4年生以上

とき/9月17日(日曜日)午後2時~3時30分

ところ/文学館講座学習室

講師/関野洋作さん(木版画家)

定員/80名(申込順)

参加料/入館料として300円(中学生以下無料)

申込/8月29日(火曜日)から9月16日(土曜日)までに、電話またはファックス・Eメールで郷土博物館・文学館へ

東海道五十三次 井戸端トーク~ぼくらの町の“楽しい”を語ろう!伝えよう!

今年生誕220年を迎えた浮世絵師の巨匠・歌川広重の東海道五十三次を通して、文化や宿場・地域の楽しみ方について自由にトークしませんか。

 

対象/高校生以上

とき/9月24日(日曜日)午後2時~3時30分

ところ/文学館講座学習室

講師/柴山広行さん(丁子屋14代目)他

定員/24名(申込順)

参加料/300円(中学生以下無料)

申込/8月29日(火曜日)~9月23日(祝)までに、電話またはファックス・Eメールで郷土博物館・文学館へ

邦楽コンサート「箏コンサート 音楽で綴る日本の情景~夏から秋へ」

二つの東海道五十三次展に合わせた邦楽コンサート。日本伝統の箏の演奏をアンサンブルでお楽しみください。

 

とき/9月16日(土曜日)午前11時~11時45分、午後2時~2時45分

ところ/文学館講座学習室

講師/福本礼美(ひろみ)・梁井(やない)圭子さん(生田流箏演奏家)

定員/各80名(先着順)

参加料/入館料として300円(中学生以下無料)

※直接会場へ

箏演奏家・福本礼美さん

木版摺り実演会「北斎の赤富士に挑戦!」

7回も色を重ねながら葛飾北斎の赤富士が完成するまでの制作工程を見学できます。

 

とき/9月23日(祝)午前10時30分~正午、午後1時30分~3時

ところ/郷土博物館エントランスホール

定員/各80名(先着順)

参加料/入館料として大人300円、中学生以下無料

※直接会場へ

木版刷り実演会「北斎の赤富士」画像

木版摺りワークショップ「美しい花を摺ってみよう」

ハガキに季節の美しい花を木版で刷る体験を行います。

 

対象/小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)

とき/10月14日(土曜日)午前10時~正午、午後1時~3時

ところ/郷土博物館講座視聴覚室

定員/各24名(申込順)

参加料/1枚100円

講師/大久保勇(いさむ)さん(静岡県版画協会事務局長)

申込/8月29日(火曜日)~10月13日(金曜日)までに電話またはファックス・Eメールで藤枝市郷土博物館・文学館へ

ワークショップ「美しい花」画像

ページトップ