PPAP(ペッパープログラミングアカデミープロジェクト)スタートしました!

更新日:2017年10月4日

PPAPが始まりました!

プログラミング教育の様子

9月30日(土曜日)、静岡産業大学情報学部の教授を講師に、Pepperを活用したプログラミング講座の第1回目を行いました。

定員を大きく上回る71名の応募があり、抽選により選ばれた小学4年生から中学2年生40名が参加しました。

2時間半の中で、前半は、ロボットの歴史的背景や、Pepperの仕組み、コレグラフ(Pepperのプログラミングができるソフト)の操作方法を学びました。

後半は、グループ内での自己紹介やPepperのプログラミング例を見た後、実際にPepperのプログラミングに挑戦しました。

パソコンの扱いやアルファベットの入力が不慣れでも、グループで協力しながら文章を入力し、Pepperに自分たちが考えたように話をさせるなど積極的に取り組みました。

初めてプログラミングに挑戦する子どもも、先生の説明を聞いて仲間と話し合いながらコレグラフを使いこなし、楽しくプログラミングを体験しました。

すでにプログラミングを体験したことがある参加者や得意な子は、周りの子に教えながらリーダーシップを取る様子も見られました。

次回は、10月14日(土曜日)。初回に引き続き、プログラミングを体験するとともに、「○○に役立つPepper」について具体的なプログラム開発に向けてグループ内で意見を交わします。

プログラミング講座の様子

真剣に取り組む様子

プログラミング講座の様子

協力しながらプログラミングに挑戦

プログラミング講座の様子

慣れた手つきでパソコンを操作する様子

プログラミング講座の様子

グループ内で楽しみながらコレグラフを体験

PPAPとは

PPAPとは、ペッパープログラミングアカデミープロジェクトの頭文字です。

人型ロボットPepperを活用した全5回のプログラミング講座を通して、Pepperの基本的な操作や、コレグラフの使い方を体験し、自分だけのプログラム「○○に役立つPepper」をつくります。

11月26日(日曜日)に藤枝市内でコンテストを開催します。小学生部門、中学生部門、部活動部門それぞれの優勝者は、藤枝市代表として2月11日(日曜日)に行われるソフトバンクグループ株式会社主催の全国プログラミングコンテストへ出場できます。

この記事に関する
お問い合わせ先
教育政策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所西館4階
電話:054-643-3045(総務係、学校事務指導係、施設営繕係)
054-643-3271(教育政策係、学校教育係)
ファックス:054-643-3610

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アール・オー・エス中部株式会社
  • 有限会社アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。