藤枝市新型インフルエンザ等対策行動計画

更新日:2015年12月21日

新型インフルエンザは、ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を持たないため、世界的な大流行となり、大きな健康被害と、これに伴う社会的影響をもたらすことが懸念されています。
そこで、本市では、平成25年4月に施行された新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法第31号)第8条の規定に基づき、新型インフルエンザ等の発生に備え、本市全体の態勢を整備するため「藤枝市新型インフルエンザ等対策行動計画」を作成しました。
新型インフルエンザ等とは…新型インフルエンザ及び新感染症(感染力の強さから新型インフルエンザと同様に社会的影響の大きなもの)

1 作成の経緯

本市では、新型インフルエンザの発生に備えるため、平成22年1月に「藤枝市新型インフルエンザ対策行動計画」を作成しましたが、「新型インフルエンザ等対策政府行動計画(平成25年4月施行)及び「静岡県新型インフルエンザ等対策行動計画(平成25年9月施行)」の策定を受け、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく市町村行動計画として、市行動計画を改訂しました。

2 計画の目的

新型インフルエンザ等の感染拡大を可能な限り抑制し、市民の生命及び健康を保護するとともに、市民生活・経済に及ぼす影響が最小となるようにすることを目的としています。

3 計画の位置づけ

新型インフルエンザ等対策特別措置法第8条に基づき、本市における新型インフルエンザ等対策に関する基本的な方針及び市が実施する措置等を示すもので、政府行動計画、県行動計画を上位計画とした市町村行動計画として位置づけられるものです。

4 計画の概要

対策の目的

  • 新型インフルエンザ等の感染拡大を可能な限り抑制し、市民の生命及び健康を保護すること。
  • 市民生活及び市民経済に及ぼす影響が最小となるようにすること

計画の構成 

  1. はじめに…新型インフルエンザ等対策特別措置法の策定、行動計画作成の経緯
  2. 基本方針…対策の目的、基本的な考え方、対策の留意点、発生時の被害想定、対策推進のための役割分担など
  3. 各発生段階における対策…新型インフルエンザ等の発生段階に応じて、主要7項目に沿った対策を実施する (発生段階)未発生期、海外発生期、国内発生早期、国内感染期、小康期 (主要7項目)1.実施体制、2.サーベイランス・情報収集、3.情報提供・共有、4.まん延防止・予防、5.予防接種、6.医療等、7.市民生活・地域経済の安定の確保

計画の内容

藤枝市新型インフルエンザ等対策行動計画は、下記PDFファイルをご覧ください。

藤枝市新型インフルエンザ等対策行動計画(PDF:1.7MB)

この記事に関する
お問い合わせ先
健康推進課
〒426-0078 静岡県藤枝市南駿河台1-14-1 藤枝市保健センター
電話:054-645-1111
ファックス:054-645-2122

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • セキスイハイム東海バナー画像
  • 静鉄不動産バナー画像
  • バナー広告募集画像
  • バナー広告募集画像
  • バナー広告募集画像

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。