突然の地震発生を想定!職員動員訓練を実施

更新日:2018年4月12日

訓練の様子

いつ発生するか分からない巨大地震に迅速に対応するため、4月12日、突然地震が発生したことを想定し、藤枝市独自の職員動員訓練を抜き打ちで実施しました。

今回の訓練は、午前6時55分に駿河トラフから南海トラフを震源域とするマグニチュード9の地震が突然発生し、震度6弱以上の揺れを観測したことを想定。市職員764人を対象に実施し、災害対策本部から地震発生のメールを受信した後に、指定された場所に参集しました。

初動体制要員としていち早く市役所本庁に参集した職員が、各場所の参集状況を確認。参集状況は、30分後で417人(54.6%)、60分後で681人(89.1%)、最終で732人(95.8%)でした。

災害対策本部会議では、職員参集状況の確認をはじめ、各危機事案における初動配備体制の再確認を行いました。

本部長である北村市長は「本年度は、危機管理体制を強化した新体制。近年は地震だけではなく、台風や集中豪雨などの自然災害も多く、行政の迅速な対応が求められる。市民の生命・財産を守ることの重責を認識してほしい。」と改めて職員に指示しました。

今後も、有事の際に市職員として迅速な行動をとり、効果的な災害応急対策ができるように訓練を重ねていきます。

災害対策本部会議

この記事に関する
お問い合わせ先
大規模災害対策課
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館2階
電話:054-643-3119
ファックス:054-645-3050

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • バナー広告募集中

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。