県内初!VRを活用した交通安全教室を開催

更新日:2018年4月16日

4月12日(木曜日)、藤枝順心高校の2年生175人を対象に、翌日の13日(金曜日)は藤枝北高校の1年生202人を対象に、県内初となるVR(バーチャルリアリティ)を活用した自転車マナーアップ教室を開催。 この教室では、自転車事故の特徴的な4事例を生徒代表がVRで疑似体験し、他の生徒は大型スクリーンを見ながら追体験することで、自転車事故の被害者や加害者にならないためのルールとマナーを学びました。本年度、市内の他4校においても同様の交通安全教室を開催し、高校生の自転車事故の削減を目指します。

高校生の自転車事故が多発

静岡県は、本年3月に発表された「高校生の通学中の自転車事故(2016年中)」発生件数が737件と全国ワースト1であり、本市においても高校生の事故のうち、約8割を自転車事故が占めていることから、今後も警察など関係機関と連携し、より効果的な様々な啓発活動を行っていきます。

高校交通安全教室1

高校交通安全教室2

この記事に関する
お問い合わせ先
交通安全対策室
〒426-8722 静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所東館4階
電話:054-631-5553
ファックス:054-643-3327

メールでのお問い合わせはこちら

広告

  • アップリメイクバナー画像
  • パークインホテル
  • NEC
  • バナー広告募集中

バナー広告およびそのリンク先の内容については藤枝市が保証するものではありません。